ウィスキー・ベースブランデー・ベースジン・ベースウォッカ・ベースラムベーステキーラ・ベースリキュール・ベースワイン&シャンパン・ベースビール・ベースモクテルバー・ツールグラスカクテル・ブックその他・小物
カクテルのレシピを、写真とともにどうぞ。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.15 Fri
cocktail 001

「シェイカー Shaker」

カクテルなどを作るための器具のひとつ。金属、とくにステンレスで出来ていることが多い。稀にガラスや陶製のものもある。

カクテルのうち、混ざりにくい材料(比重が違いすぎる酒同士や、鶏卵、牛乳、ジュースなど)を撹拌する場合や、アルコール度数が高すぎる酒を空気と混ぜ合わせまろやかにしたり(「酒のカドを取る」と言う)、また氷とともに飲料を急速に冷やすために使う。

シェイカーは3つの部品からなる。トップ、ストレーナー、ボディである。

* ボディは金属のコップ状である。シェイカー全体の7割ほどの大きさである。
* ストレーナーは、逆漏斗状の部品である。
* トップはストレーナーにかぶせるふたである。

シェイカーに3つの部品を装着した状態は、ちょうど水筒に似ている。 使用方法は

1. ボディに必要な材料、氷などを入れる
2. ストレーナーとトップをかぶせる。
3. トップがわが手前に来るように持つ。普通左手全体でボディを持ち、左手の親指でストレーナーを押さえ、右手親指でトップが外れないように注意しつつ右手全体はトップに添えるようにのせる。
4. 材料を『ボディの底面にぶつけるように』シェイクする。通常は15回ほど、混ざりにくいもの(卵やクリーム)はそれ以上シェイクする。
5. グラスに注ぐときは、ボディとストレーナーを右手でおさえて、ストレーナーの注ぎ口から注ぐ。

上記はあくまで一般的な使用の一例である。

カクテルは必ずしもシェイクするものばかりでは無いが、バーテンダーのイメージとしてシェイカーが定着しているようである。これは薄暗いスタンドバーで物憂げな表情でバーテンダーがシャカシャカとシェイクをしているイメージが、戦後のカクテルブームの際に広まったためだと思われる。

●洋銀・カクテル・シェイカー
●バロン・カクテル・シェイカー
●スタンダード・カクテル・シェイカー
スポンサーサイト
2008.02.12 Tue
cocktail_20080215164022.jpg

「メジャー・カップ Measure Cup」

カクテルをつくるときに使う酒の計量器具。多くはステンレスで、30mlと45mlのカップが背中合わせになったものがポピュラー。

メジャー・カップは、人差し指をメジャー・カップのくびれた部分の手前に添え、中指はむこう側にそえ、はさむようにして持つ。薬指と小指は、中指と同じ側に添えるか、人差し指と同じくメジャー・カップの手前に添える。材料を注ぐときは、手首をむこう側にひねって、メジャー・カップを傾け、手前側から外側に倒すようにして注ぐ。

日本ではメジャー・カップのことをジガー・カップということもあるが、これは和製英語である。

●スタンダード・メジャー・カップ
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , レシピ > Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。